自慢のスタッフ、全員紹介

谷口工務店のスタッフについてご紹介します。

工務部

「顔の見える家づくり」がモットーです。

松岡(まつおか)

設計・棟梁として、自分の責任でお客さまに引渡しまで全部やりたい。

所属部署・役職工務部

ニックネームまっちゃん
生年月日5月10日
出身大阪府大阪市
星座牡牛座
血液型A型
資格・特技剣道初段
趣味高校の部活がボーリング部だったので、今でも時間がある時には行ったりします。ちなみに最高スコア300点でアベレージは200点くらいです。飲みに行くことも好きですよ。好きなものは梅酒ロックとお好み焼きなどの粉ものです。
休みの日には何をしてる?一人暮らしなので掃除や洗濯ですね。時間があったらドライブに行きます。行き先は琵琶湖が好きですけど、目的なく見知らぬ場所にぶらっと行くのも好きなんです。

この会社に入社した理由は?


幼稚園の時に自宅を建てたことと、母親も建築の仕事に就いていて職場に遊びに行っていたのがきっかけです。大学で建築学科を専攻し現場監督になるために就職活動。
大手ゼネコン会社と谷口工務店で迷っていました。大手ゼネコンもまだまだ発展しそうな感じでしたが、谷口工務店の会社説明会の時に話をしてくれた社員がすごく楽しそうに話をしていて、「この会社は本当に楽しいんだろうな。」と感情で伝わってくるものがあったのです。
さらに、“社員として大工を雇っていて設計もできる大工にしたい”という考えに希望を感じたのと、社長が言っていた「自分がやりたいと希望するなら、色々な仕事を担当させてあげるよ」という言葉をもらえたことも大きく、入社を決意しました。

「この仕事をやってて良かった!」と思ったこと

家づくりの過程で現場にお客さまが来られる時があります。
私たち大工もご案内させていただくのですが、お家が完成してお引き渡しをする時に、
「あの時、手を止めてまで私たちを案内してくれて、ありがとうございました」
と言っていただけた時は嬉しかったです。

「これだけは誰にも負けたくないこと」は何ですか?

殻にしばられたくないという想いや、他人とは同じことをしたくないという考え方があります。今は大工をしたいと思っているのですが、いずれは設計や現場監理もして、全部ができるようにしたいと思っているんです。
だから、今から設計や現場監理のスタッフにも「何でこうしたんですか?」「こうした方がいいのではないですか?」と聞いたり提案したりしています。
あと考え方ではありますが、“みんながやっているから”というのは嫌なので、行動する前に必ず自分に置き換えて行動するようにしています。

この会社で実現したい夢は何ですか?

設計・棟梁として、自分の責任でお引き渡しまで全部やりたいです。
これは30代で叶えたい夢ですね。
そのためにも、大工としての技術・知識を増やさなければいけないと思っていますし、二級建築士や宅地建物取引主任者の資格を取りたいと思っています。
あとは良い建物を見るようにしています。好きな建築家は、ザハ・ハディドや谷尻誠さんです。和風であれば町屋・数寄屋、洋風であれば海外の建築物を見て感じるようにしています。


資料請求&問い合わせ

ページの先頭へ