自慢のスタッフ、全員紹介

谷口工務店のスタッフについてご紹介します。

工務部

「顔の見える家づくり」がモットーです。

岡田(おかだ)

元気が取り柄の八幡から来たお祭り大工!

所属部署・役職工務部

ニックネームよしき
生年月日10月9日
出身滋賀県近江八幡市
星座おうし座
血液型O型
趣味ハンドボールです。中学から高校、高校、高校を卒業してからは社会人リーグでプレーしています。
休みの日には何をしてる?サーフィンやプチ旅行に行ったり、遠出することが多いです!この前も、本場のうどんを食べに日帰りで香川県まで行ってきました!
また、現在は二級建築士取得のために学校に通い勉強しています!

この会社に入社した理由は?


私の通っていた大学では授業の中で、実際に木造二階建ての模擬家屋を製作する実習がありました。 実習では約半年ほどをかけて、設計から部材の加工、組立、内装工事などを実際に自分達で行いました。 実習を通じて、大工仕事の面白さや難しさなど体験することができ、大工の仕事に魅力を持ち始めました。 また、就職活動の際に、近江八幡出身ということもあり、地元で就職先を探していたところ、谷口工務店を見つけました。 会社説明会に参加したとき、谷口社長の会社に対する熱い思いを語っていただき、就職するならこの会社しかないと思い、入社しました。

「この仕事をやってて良かった!」と思ったこと

当社では、工事を始める前に、お客様と工事を担当する職人との顔合わせとなる着工式を行っています。 着工式では、お客様のお家作りに対する思いなどを聞くことができ、工事を担当ささていただく私達にとって、気が引き締まる式となります。 お客様との距離が近いため、誰の為にやっている仕事なのかが明確なので、自分がやった仕事に対して、お客様の喜んでいただいている姿を間近で見れる事です。

「これだけは誰にも負けたくないこと」は何ですか?

元気なあいさつです。 あいさつをするということは、コミニュケーションの一歩目だと思います。 お客様、地域の方々、社員の方々に若さ溢れる元気なあいさつをすることで、少しでもあいさつをした方に、元気を分けれたらというお思いで、常に元気なあいさつを心掛けています。入社当時の初々しい気持ちを忘れず、これからも大きな声と笑顔でみなさんを元気づけられるあいさつをして行きたいと思います。

この会社で実現したい夢は何ですか?

お客様から「私の家はぜひ岡田棟梁に建ててほしい」といわれるような立派な棟梁になりたくさんの人を幸せにすることです。
そしていずれは自分の家を自分が棟梁として建てる事が夢です! またその姿を見た、子供たちが大工さんってかっこいいって思ってもらえるような仕事をすることで、父親として子供達から憧れてもらえるような棟梁になりたいです。 また、手刻みの加工技術も身に付け、自分の家は手刻みで家を建てたいです。


資料請求&問い合わせ

ページの先頭へ