自慢のスタッフ、全員紹介

谷口工務店のスタッフについてご紹介します。

工務部

「顔の見える家づくり」がモットーです。

岡田(おかだ)

大工ひと筋30年。お客様の”ありがとう”が何よりの喜びです。

所属部署・役職工務部

ニックネームゆう
生年月日10月9日
出身滋賀県守山市
星座みずがめ座
血液型A型
資格・特技魚料理
趣味釣り
休みの日には何をしてる?子どもと遊んだり、道具の手入れをしています。

この会社に入社した理由は?


大工歴は30年、10代の頃から大工一筋でやってきました。ベニガラのいわゆる昔ながらの木造住宅には数多く携わってきました。今は殆ど見ることのなくなった木造住宅本来の墨付け、刻み加工といった大工としての木造建築の技術を活かせる家づくりがしたいと思っていました。谷口工務店は木の家専門店だけあって、木の家の良さを理解した会社だと分かったので、ここでなら自分の築いてきたものを生かせるチャンスがあると思い入社しました。

「この仕事をやってて良かった!」と思ったこと

家を建てた数年後、お子さまが家を建てる時に「また岡田さんお願いします」と私に仕事を依頼してくれたときは嬉しかったです。また頼んでいただけるということは、家に満足して、私を信頼して頂いた証だと思っていますから。そのお気持ちに応えようと、やりがいを持ってまた仕事ができる。とても嬉しいことです。

「これだけは誰にも負けたくないこと」は何ですか?

「物を大切にすること」です。
私は田舎育ちで、小さい頃から「物は大切にしなさい」と教えられて育ちました。大工道具に限らず、自家用車や普段の持ち物なんかもそうですが、とても”物持ち”が良いほうだと思います。大工道具は、見習いの頃から使っている年代物もあります。30年共に歩んできた汗水が染み込んだ思い入れのある道具ですし、これからも大切にしていきます。

この会社で実現したい夢は何ですか?

「健康で、大工という仕事を長く続けること」。それが何よりの幸せだと思っています。
自分がした仕事で、たくさんのお客様に喜んでいただけるよう、これからも私自身も楽しみながら、
良い家づくりに携わっていきたいです。


資料請求&問い合わせ

ページの先頭へ