自慢のスタッフ、全員紹介

谷口工務店のスタッフについてご紹介します。

設計部月組

家族の一員になって家をつくります。

浦井(うらい)

心から感謝される仕事に携われるのは幸せなことだと思います。

所属部署・役職設計部月組

ニックネームうらいちゃん
生年月日8月25日
出身京都府宇治市
星座乙女座
血液型A型
資格・特技二級建築士取得に向けて勉強中。
趣味運動することとピアノです。仕事帰りにバッティングセンターやジム、ヨガによく行ってます。(中学時代はソフトボール部でショートを守ってました)
休みの日には何をしてる?絶対どこかに出かけてます。一ヶ月先まで予定で埋めてしまってます。買い物は大阪や京都が多いです。

この会社に入社した理由は?


高校まではピアニストを目指していました。同時に、小さい頃に引っ越しが多く、家が変わると生活も変わることに「同じ家なのに住みやすい家と住みにくい家があるのはなんでだろう?」と興味があり、ハウスメーカーのモデルハウスが建つ様子を見て面白そうだったこともあって、大学で建築を学びました。木匠塾という、木で遊具などを作るサークルに入ってモノをづくりを楽しんでいました。
就活の時期を迎え、ハウスメーカーや工務店などを検討しましたが、ハウスメーカーでの設計の仕事は図面を書くだけで現場にもいけない。一方、すでに谷口工務店で働いていた大学時代の先輩の楽しそうな様子と、木の家づくりを一番最初から家が完成するまで全部できること、社長の印象、社員全員が本気で「みんなが喜ぶ家づくり」を目指しているアツさなどが決め手になって入社しました。

「この仕事をやってて良かった!」と思ったこと

アパレルで働いている友達の話を聞くと、お客さまが服を買いに来てくださっても「ありがとうございます」とその時の対応だけで終わってしまうので、名前や顔を覚えているお客さまはほとんどいないのだそうです。
でも家の場合、お引き渡しの時に涙を流すお客さまもいる。
これだけお客さまと深く関わって、心から感謝される仕事に携われるのは幸せなことだと思います。

「これだけは誰にも負けたくないこと」は何ですか?

「元気」です。自分がどんな状況でもいつも笑顔でいることを心がけています。自分が明るくいることで会社も明るくなればいいですね。声も大きいですし(笑)
あと「根性」でも負けたくありません。
実は就職時の先行説明会の前に、腕の骨を折ってたんです。ギブスをつけるとスーツが着れない。でも絶対に谷口工務店の説明会には行きたい!しょうがないのでお医者さんにギブスを切ってもらい、片手が全く使えない状態で何くわぬ顔で参加していました。
さすがに後から痛くてたまりませんでしたけど・・・(笑)

この会社で実現したい夢は何ですか?

同じ建築業界に就職した大学時代の友だちからは愚痴が出ることもありますが、私はいつも楽しそうと言われます。恵まれてるんだなぁと思います。
谷口工務店は滋賀県では知名度が高いですが、私の地元(京都)ではまだまだです。
無垢の木のあったかみがあって、家族みんなの気配が感じられる設計で、大工、職人みんなで一緒に作り上げていく家。スタッフもみんないい人ばかりです。
そんな魅力をもっとたくさんの方に知っていただいて、ゆくゆくは日本一になりたいです。
もちろん、将来は自分の家を谷口工務店で建てます。
そこにグランドピアノを置きたい。
「ただいま」と子どもが帰って来た時に個室にこもるのではなく、リビングに自然と集まってくるような元気で明るい家が希望です。


資料請求&問い合わせ

ページの先頭へ