新着情報・お知らせ

弊社からのお知らせ、イベント情報、
メディア掲載についてご紹介します。

2月22日(土)-24日(月)「ホテル 講 大津百町」見学会

イベント情報

大津の街は、かつて東海道五十三次の最後の宿場町として栄えていました。
多くの物と人が行き交うその賑わいぶりから、当時存在した町の数にちなんで「大津百町〈おおつひゃくちょう〉」と呼ばれ、商店街の周辺地域は、今もなおその愛称で親しまれています。
現在空き家が目立つ商店街に、かつての賑わいを取り戻したい。そして、古き良き時代の文化や魅力が詰まった大津の町屋を、現代の職人の手で蘇らせたい。
そんな想いから、この「商店街ホテル」プロジェクトがスタートし、7棟の町屋をホテルとして再生しました。

今回の見学会では、そのうちの4棟を特別公開致します。
ぜひこの機会にご覧ください。

見学会場


《近江屋 -OUMIYA-》
呉服屋を営む大旦那の屋敷だった江戸末期の建物。1階にフロントと宿泊者専用ラウンジ、2階に3室の客室があります。
ラウンジから見える小さな坪庭も見どころ。


《鍵屋 -KAGIYA-》
明治期築の長屋を改修した「鍵屋」。周囲の路地も合わせて改修し、玄関まわりに緑を植え、風情溢れる建物に生まれ変わりました。


《丸屋 -MARUYA-》
間口が狭く、改修前は薄暗い建物だった「丸屋」。吹抜けと天窓を設け、室内に程よく光を取込む工夫を凝らし、面積以上に広さを感じます。


《糀屋 -KOUJIYA-》
リビングダイニング、寝室、浴室が坪庭と面しており、平屋のように過ごせる「糀屋」。小さいながらも凛とした佇まいが魅力です。


リフォームのポイント


□ 立派な梁や建具など、昔ながらの素材をできるだけ生かし、モダンな中にも趣のある空間に仕上げました。
□ 断熱材をしっかりと入れ、暑さ・寒さを解消。耐震補強をするなど現代の暮らしに合わせて快適に生まれ変わりました。
□ 家具や照明も合わせてご提案できるのが谷口工務店の強み。古民家と相性の良い北欧家具でトータルコーディネートしました。


大切に、永く住み継がれる住まいを。


現在、日本の一般的な住宅の寿命は平均27年と言われています。
一方で「古民家」と呼ばれる古い住宅が、100年、それ以上もその姿をとどめているのはなぜでしょうか。
それは、不具合を見つけてまめに手当てし、家を「もたせて」きたからです。
そこには「ものを大切にする」という美徳の心がありました。
今回手掛けた町屋も、壁のゆがみや柱の腐食など、老朽化が激しいものばかりでしたが、古い材をできるだけ活かして再生しました。
私たちが目指すのは「100年安心して住める住宅」。
耐久性はもちろん、住む人に心から愛され、大切に住み継がれる住まいを、これからも作り続けます。

現在のお住まいで、老朽化や耐震など不便さを感じられている方がいらっしゃいましたら、ぜひご相談下さい。

概要


開催日時
2020年 2月 22日(土)-24日(月)

※予約制の見学会です。ご希望の見学時間をご連絡ください。
①10:00- / ②13:00- / ③15:00- 

※お子様も一緒にご見学頂けます。
※見学の際は十分なご配慮・ご協力をお願いいたします。
※専用駐車場はございません。お車でお越しの方はお近くのコインパーキングをご利用ください。
※家づくりを検討しているお客様を対象とした見学会です。同業者の方のご見学はご遠慮ください。


お電話でのお問い合わせ
0120-561-099
受付時間:10~18時(定休日:毎週水曜、毎月第3火曜)

会場
滋賀県大津市

《受付場所》「近江屋」滋賀県大津市中央1丁目2−6


インターネットでの予約お申込み
見学会・家づくりセミナー参加申込フォーム


資料請求&問い合わせ

ページの先頭へ