素材&工法へのこだわり

「100年、生きる家」を支える、
厳選の素材と熟練の工法をご紹介します。

高気密・高断熱工法

家の隙間が少なく、屋外の熱を室内に伝えにくいので、室温を一定に保つ機能に優れ、冷暖房の効きもよく、省エネです。


エコで高性能な断熱材「セルロースファイバー」


新聞紙が原材料の「セルロースファイバー」を壁に隙間なく充填することで、快適な室内環境を保ちます。複雑に絡み合った繊維が空気の層をつくることで高い断熱性を発揮すると共に、吸音性・調湿性にも優れています。


気密性・断熱性に優れた木製窓「プロファイルウインドー」


リビングの窓は壁に引き込んでフルオープンにできる木製窓が標準仕様。ガラスには高断熱(Low-E)複層ガラスを使用。

また、木製サッシの先進地域であるドイツ、デンマークの高性能な金物を使用することにより、高い気密性を達成しています。


「熱交換換気」により過ごしやすく清潔な環境を実現


谷口工務店では、給気と排気の両方を機械で行う 「第一種換気システム」を採用して、「熱交換換気」を行っています。

暑い夏や寒い冬でも、外気を室温に近い温度にして取り込むことが可能。また同時に、湿度の変化も抑えます。そして、床面に溜まりやすいほこり、花粉、臭気を床に設置した排気口より吸い込んで排出することで、24時間365日、どの部屋も新鮮な空気に保ちます。


気密測定を行い、建物の性能を担保。


家の気密性は、施工品質に大きく左右される部分です。どんなに 断熱性の高い材料を使っても、家に隙間があるとそこから熱が逃げてしまい、快適な室内環境を保つことができません。

谷口土務店では、 実際に建てたお家で、定期的に気密測定を実施し、きちんと基準値が満たされているか検査を行っています。


谷口工務店はZEH対応の住まいづくりを行っています


ZEHとは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略。「創エネ×省エネ×断熱」で、家のエネルギー収支をゼロ以下にする住まいとして注目を集めています。

谷口工務店でももちろん、対応可能です。「光熱費の節約」「室温が安定するので健康的」など多くのメリットがありますが、「光熱費の節約」「室温が安定するので健康的」など多くのメリットがありますが、設計や施工の能力によって効果の大小があるため、技術力にすぐれた工務店にまかせることが成功のカギとなります。

谷口工務店は、2025年度 ZEH受託率50%を目標として、ZEH対応の住まいづくりに取り組んでまいります。
 
現在までの達成率は以下の通りです。
2021年度 2.6%
2020年度 8.0%
2019年度 8.3%
2018年度 2.9%


資料請求&問い合わせ

ページの先頭へ