自慢のスタッフ、全員紹介

谷口工務店のスタッフについてご紹介します。

設計プランナー

松本(まつもと)

自分なりの設計スタイルを確立して「谷口工務店 設計部“松本課”」をつくり、ご家族の幸せな家づくりに役立ちたい。

所属部署・役職プランナー

ニックネームまっつん
出身滋賀県守山市
星座うお座
血液型O型
趣味サッカー、庭園巡り
休みの日には何をしてる?庭園やお寺を見るのが昔から好きで、平日の昼間に誰もいない静かな庭を独り占めするのが至福の時間です。また、苔や麦や水たまりなど、四季の小さな変化を感じる瞬間に幸せを感じます。
日本の美しい四季の移ろいを少しでもお家の中で感じられるように、日々、設計の勉強をしています。

この会社に入社した理由は?


父が日曜大工が好きで、大きいウッドデッキなど一通りのものは作っていました。母はアートフラワーが趣味で、子供のころからものづくりに触れる環境で育ちました。
小中高と美術や技術が得意で、気が付けば中学校の卒業文集に「設計士になる!」と書いていました。
就職活動は、たくさんの企業を見て回るというスタイルではなく、情報を集めて興味を持った企業だけに絞って訪問しました。それも数社だったと思います。谷口工務店は、実例集を見て「住んでみたいな」と思ったので説明会に参加しました。社長の人柄や志の高い夢の話を聞き、ここしかないと志望しました。

「この仕事をやってて良かった!」と思ったこと

地元である滋賀県に、私が携わったお家がどんどん増えていくことです。
昔から知っている何気ない道を通る時、「お引渡しした○○様のお家、この辺りだったな。元気かな?」と考えるようになりました。
初めてお会いした時はお互い知らない者同士ですが、家づくりを通してライフスタイルや趣味の話をしたり、時にはお子様と遊んだり・・知らぬ間にキョリが縮まっていくのを感じます。そうして生まれるご家族との素敵な出会いがこれからも増えていくのだなぁと考えると、「この仕事をやってて良かった!」と思うんです。

「これだけは誰にも負けたくないこと」は何ですか?

スケッチですね。図面ではイメージの沸かない時にお客様に分かりやすいようにパッとスケッチを描いてお見せします。そのためには普段から手を動かすことが大事ですね。 あと、昔から「いい意味で変わってるね」と言われます(笑)。ほかの人と同じ考えをしていると気付かないことでも、人と違う視点を持っていることで疑問を持ったり気づくこともあるので、そのアンテナはこれからも大事にしたいです。でもそればかりでは当然いけない。周りにもしっかりと目を向ける柔軟な視点を持ち続けたいです。

この会社で実現したい夢は何ですか?

自分なりの設計スタイルを確立し、谷口工務店を建築家集団にして、そのなかで「設計部松本課」とかできたら面白いなと思います。根底にあるのは、自分たちの設計でお客様を幸せにしたいという思い。そうなるために良い建築を見て感性を養い、話を聴き、ひとりよがりではなくお客様とともに作り上げる家づくりで感動してもらいたいです。だから今は学生の時よりも設計を勉強したいという思いが強い。設計士という名の一人の棟梁として、家づくりの0から100まで関わりたいと思っています。


資料請求&問い合わせ

ページの先頭へ