スタッフブログ

谷口工務店のスタッフが、
日々の思いを綴っています。

季節に合わせた住まいのお手入れ〜夏場の水やりのコツ〜

設計


皆さま、こんにちは。
前回に引き続き、季節に合わせた住まいのお手入れ方法をご紹介します。

今回ご紹介するのは、夏場の庭木の水やりのポイントです!
暑い夏も生き生きとした緑を保つためのコツとは?


夏場の水やりは時間帯と水の量がポイントに



庭木にとっても過酷な夏の暑さ。
美しいお庭を保つためには、水やりの頻度、時間帯、水の量に気を配ることがポイントです!


水やりの頻度と時間帯


理想の頻度は、毎日朝夕2回。
朝はなるべく気温が低い、太陽が高く上がる前の7時より前に水を上げられるとベスト。
夕方も、日没前の18~19時がおすすめです。
夜の涼しい時間を使って、水分がゆっくりと土の中に浸透していきます。

「水やりのために早起きするのが難しい…」という方は、1日1回、夕方にたっぷり水をあげましょう


水の量


たっぷりお水をあげているつもりでも、意外と水不足なケースが多いため要注意。
特に大きい木ほど水が必要になるため、2m以上の木にはバケツ2~3杯分くらいの量を目安に「幹の根元」にむかってたっぷり水をあげましょう。

広範囲に水をあげるより、根元に集中してあげるほうが、根っこが下方向に伸びて強い木に育ちます。


実は庭木の負担になっていた?水やりの注意点


夏場はホースに残った水が太陽の熱で温水になってしまいます。
高温の水をそのまま与えてしまうと庭木にとって大きなダメージになります。
ホースの中の水は一度出し切って、冷たくなってから与え始めましょう。

葉っぱに水をあげる際も要注意。
日差しが強いと葉に残った水がレンズ効果で日光を集め、葉を傷めます。
葉っぱに水をかけてあげることは大切なので、朝方は避けて夕方の水やりの際にあげるようにしましょう。
特に砂ぼこりや排ガスが当たりやすい場所、自然の雨が当たりにくい場所の庭木は葉に水をかけて汚れを落としてあげてください。


水やりのタイミングや水の量に気を配ることで、夏場も庭木が生き生きと輝きます。
美しいお庭の緑は、目にも涼やかですね。

お家のお困りごとや疑問点などございましたら、カスタマーセンターまでお気軽にご相談ください。


資料請求&問い合わせ

ページの先頭へ